室内

競売を避けたいなら不動産会社へ任意売却の相談をしよう

納得できるために

さいたま市県内でも中核を担う都市、さらに東京の都心からも通える距離であることから不動産を求めようとする方は常に多くなっています。求めたり探したりする場合のうまい方法は、検討中のエリアに拠点を置く不動産業者に問合せすることです。

慰労に訪れてみる

伊豆は別荘地が多く、とても人気があります。金銭的に余裕があるのなら、別荘を設けておくと便利です。というのも、景観が豊かで夏にはマリンスポーツやバーベキューなどを楽しめるため、お客様を招待するなど、利用用途がたくさんあるからです。

マンションを査定する際は

マンションの売却を検討する際にマンション査定をする場合は、一社だけではなく複数の会社から査定をしてもらうようにしましょう。インターネットで一括査定ができるところなどもあるため、活用すると効率がいいです

相場の上昇で増加中

つみき

不動産の任意売却は不動産価格が上昇相場の環境で増加します。現在はその相場環境にあると言えます。東京オリンピックを控えてインフラ整備が進んでいる上に、民間でも設備投資が増加しています。そのため、土地の価格も建築費も上昇傾向にあります。借入の返済に窮した債務者が担保に供している不動産を自ら処分して債務を弁済するのが任意売却です。債権者の同意が前提になりますので、借入をしている銀行などに相談する必要があります。債権者である銀行などが競売によって担保処分を行うのは最終手段になります。一般的には競売によって競落される価格は市場価格よりも低い場合が多いです。また、競売には面倒な手続きも伴いますので、債権者としては可能な限り避けたい手段でもあります。不動産相場が上昇している局面で任意売却によって高値で担保処分ができれば、債権者にとっては債権回収額が増えることになり、債務者にとっては返済が進むことになって、双方にプラスになります。債権者と債務者が任意売却を進めることで合意できた場合には、最低売却価格と売却期限を設けて売却を進めることになります。競売で想定される価格以上の金額で任意売却できることが前提になるのは当然ですが、売却までの期間にも延滞利息を含めた金利が発生しますので、できるだけ短期間で売却することも求められます。不動産市況が活発な環境においては、短期間で不動産を任意売却できる可能性が高まります。